コース案内
3歳児コース
年中・年長コース
小学生スタンダードコース
小学生特別コース
インターナショナル特別コース
パパ&ママコース
キッズマスターコース

ANNEの日記 かわいい子供たちのちょっと気になるお話です ブログ


ANNEの特徴
お客様の声
お客様からのご質問
ANNEについて
子供の英会話力を家でも伸ばすために

〒663-8201
兵庫県西宮市田代町1305
サンクシードII 102号

体験レッスンのお申し込み・お問い合わせはこちらから TEL/0798-65-0515

子供の英会話力を家でも伸ばすために
音楽を聞く
 4歳頃までは幼児向けの、リズムの良い曲で、体が自然に動くようなものが良いでしょう。最近はマザーグースのような古い歌だけではなくて、大人が歌っても楽しめる新しい曲もあります。不思議な事に子供たちが好む曲は、同じものが多いようです。「Head & shoulders」「Bingo」「Hokey Pokey」などは、どの子も大好きです。お子さんに色々な歌を聞かせてみて、気に入ったものを抜粋し、遊んでいる時や車の中で、繰り返しかけてあげると良いでしょう。私自身は歌で英語が話せるようにはならないと考えていますが、次の点に注意すれば有効だと思います。
*歌詞が子供たちにとって身の周りでよく耳にするフレーズになっている。
*目的語が変わるだけで、同じフレーズが何度も繰り返されている。
*歌詞の意味を物語のように話したり、ジェスチャーを使ったりして、
 文字でなくイメージで理解させてあげる。
*お母さんも、一緒に楽しく体を動かしながら歌う。
 4歳以上の子供たちは、幼児向けにこだわらずに選曲してみましょう。映画やドラマの主題歌やCMソングのように子供たちがよく耳にする曲など、良いかもしれません。この年齢の頃から複雑な曲や歌詞を好むようになります。これまでの年齢のように意味を理解させる事が目的ではないので、大人がすぐに歌えないようなものでも構いません。聴く力が優れていて、口や舌の筋肉が柔軟なこの年齢の子供たちは何度か繰り返し聞くと、口ずさむようになります。ANNEの年中・年長コースの子供たちも教室で歌う簡単な曲よりも、お家でマドンナ、カーペンターズやGAPのCMソングを歌ったりしてお母さん達を驚かせているようです。
音楽のCDを聞く
 4、5歳の頃になると日本語の語彙がどんどん増えてきます。この頃にたくさんの英語表現を聞かせてあげることは、とても効果的です。CD選びと聞き方は次の点に注意しましょう。
*単語や一文レベルでないもの。(文章がいくつかあって、つながりのある文脈になっている)
*日本語訳は一切入っていない。
*聞こえてくる英語の意味が分かっている。(一文ずつ訳さず、大意が理解できている)
*英語のスピードが、ネイティブレベルもしくはそれに近い速さである。
*遊んでいる時など何かをしている時に、かけておく。毎日、休まず繰り返しかける。
 文章のパターンが、場面説明、独り言、会話などのように色々あると理想的です。イギリスやアメリカだけでなく、カナダやオーストラリアなど様々な国の方の声が聞こえてくるともっと良いですね。
DVDやテレビを見る
 ディズニーなどのアニメや子供対象のテレビ番組、DVDを見せている方が多いようです。リスニング力に長けている子供たちを見ていて感じたのですが、「子供対象」のものにこだわらなくても良いと思います。映像を見て、子供たちが理解でき、興味を持てるような内容であれば、繰り返し見せてあげましょう。子供たちが見る前には、次の点に注意すると効果的です。
*ストーリーの大意が分かっている。(一言一句分かっている必要はありません)
 DVDだと最初に日本語で見て、ストーリーを理解しておくと分かりやすいですね。
*字幕があるものは日本語も英語も消しておく。(文字が見えると聴く力が弱くなります)
*同じものを、何度も繰り返し見る。
(大人はすぐに飽きてしまいますが、子供は繰り返しが大好きです)
 何年か前に、2歳児さんがお家でCNNニュースがかかっているテレビの前でじっと聞いていて、驚かれたお母様がいらっしゃいました。幼児期は言語の音を好むそうです。意味が分からないような、速い難しいものはダメだと思わないで、英語がいつも耳に入ってくる環境を与えてあげることはとても大切です。
本を読む
 日本語に限らず、本を読むことは言語習得に欠かせない大切な事です。自分で文字が読めない時期は、周りの大人が読んで聞かせて「本を読むのは楽しい」と気付かせてあげましょう。

 本を選ぶ時は、やはり子供たち自信が「おもしろそう」と思えるものが良いです。私の教室では、表紙を見せて、「これはこんな話だよ」と物語の大意を話します。読んで欲しいと興味を示した時は、ページをめくりながら日本語で説明します。一文ずつ訳すのではありません。擬声語なども入れながら面白おかしく説明してあげると喜びます。何度か日本語で説明してあげていると「英語で読んで」と言うようになります。それまで待ちます。 自分から「読んで」と言うと、長い英語表現でもちゃんと最後まで聞いてくれます。

 洋書は絵が複雑で文字の少ないものもあります。そんな時は「○○はどこ?」「これはなに?」「○○はいくつある?かぞえてみようか?」など、いろいろ質問しながら読んであげて下さい。何度か読んで、慣れてきた頃に英語で質問してあげると、良いですね。

 「私の下手な発音でもいいのでしょうか」とおっしゃるお母様がいますが、Japanese Englishでも構いません。お母様の一生懸命さが伝わって良いと思います。きれいな発音は専門の講師に任せてください。洋書に興味を持って、英語を自分で読んでみたいと思ってもらうことが目標です。
 以上の4つが私のお勧めする「英会話力をお家でも伸ばす方法」です。
 これらの4つに共通する最も大切なことは、『毎日、休まず続けること』と『決して性急に結果を求めない』ことです。継続は語学習得には不可欠です。休まず続けるコツは、歯磨き、入浴、食事などのように毎日必ず行う事の前か後にするように習慣づけることです。CDやDVDを毎日続けていると、「せっかくCDをかけているのに、聞いてない」とか「これだけ見せているのに、なんでリピートしないの?ちゃんと見なさい」という言葉が出てきたりします。いつの間にか「させなきゃ」と思い始めます。でも、押し付けると子供たちはやる気をなくし、吸収する力も半減してしまいます。英語の環境を提供し続ける事に徹してください。何をどう吸収するかは子供たちに任せようと思って取り組んでください。とても難しいことですが、子供たちの為に頑張りましょう。
体験レッスンに申し込み 今ならご紹介で教材費が無料!